google翻訳を超えたDeepL(ディープル)

DeepL(ディープル)はgoogle翻訳を超える自然な翻訳サービス(無料)

多国語を自国語に翻訳する場合、多くの方はgoogle翻訳を使うと思います。
数年前よりも進化していますが、まだまだ自然な言葉使いになっていないと思いませんか?

ついに・・・出たのです。

google翻訳を超えるサービスが
その名はDeepL(ディープル)
ドイツのケルンで言語向けの人工知能システムを開発している会社のようです。

DeepL GmbH

Maarweg 165
50825 Cologne
Germany(ドイツ連邦共和国ケルン市)
Tel.: +49 221 570 894 – 0

2020年4月1日現在 11ヵ国語対応

https://www.deepl.com/translator

このURLに行って、翻訳したい文章をペーストすれば自動的に変換してくれますよ。
自動検出機能があるので、さくっと翻訳できます。これは大事ですね。

google翻訳より対応言語は少ないですが、
DeepLの凄いところは、自然な翻訳にあります。
具体的に見てみてください。


Parenting in the time of COVID-19

To help parents interact constructively with their children during this time of confinement, these six one-page tips for parents cover planning one-on-one time, staying positive, creating a daily routine, avoiding bad behaviour, managing stress, and talking about COVID-19. Use them to your and your kids’ advantage, and have fun in doing so.

コロナウィルスに関するwebから引用した文章を

まずはgoogle翻訳にかけると・・・

COVID-19の時の子育て (google)

この閉じ込めの期間中に親が子供と建設的に交流するのを助けるために、

親のためのこれらの6つの1ページのヒントは、1対1の計画、前向きであり続ける、毎日のルーチンを作成する、

悪い行動を避ける、ストレスを管理する、およびCOVIDについて話すことをカバーします-19。

あなたとあなたの子供の利点にそれらを使用し、そうすることで楽しんでください。

交流するのを助けるために

あなたとあなたの子供の利点にそれらを使用し

そうすることで楽しんでください。

とこのように違和感を感じますね?

COVID-19の時の子育て (DeepL)

監禁されている間、親が子供と建設的に交流できるように、

親のための6つの1ページのヒントは、1対1の時間を計画すること、前向きに過ごすこと、日課を作ること、

悪い行動を避けること、ストレスを管理すること、COVID-19について話し合うことなどをカバーしています。

あなたとあなたの子供たちのために、これらのヒントを使って、楽しく過ごしてください。

建設的に交流できるように

あなたとあなたの子供たちのために、

これらのヒントを使って、楽しく過ごしてください。

このような言い方に変換されます。

いかがでしょうか?かなり自然な言い回しですね。


今度はドイツ語を翻訳してみます。

Übersicht

Das Buch besteht aus vier Teilen. Der erste Teil erschien 1883, der zweite und dritte 1884, der vierte 1885 als Privatdruck. 1886 veröffentlichte Nietzsche die drei ersten Teile als „Also sprach Zarathustra. Ein Buch für Alle und Keinen. In drei Teilen.“ Im Gegensatz zu den frühen Werken Nietzsches handelt es sich beim Zarathustra nicht um ein Sachbuch. In hymnischer Prosa berichtet ein personaler Erzähler vom Wirken eines fiktiven Denkers, der den Namen des persischen Religionsstifters Zarathustra trägt.

Nietzsche selbst nennt den Stil, in dem Also sprach Zarathustra geschrieben ist, halkyonisch (seelisch vollkommen) und wünscht sich Leser, die eines „gleichen Pathos fähig und würdig sind“: „Man muss vor Allem den Ton, der aus diesem Munde kommt, diesen halkyonischen Ton richtig hören, um dem Sinn seiner Weisheit nicht erbarmungswürdig Unrecht zu tun“. Dass Nietzsche diese Leserschaft in seiner Gegenwart nicht gesehen hat, legt der Untertitel des Werkes nahe: „Ein Buch für Alle und Keinen“.

以下がgoogle翻訳とDeepLの翻訳になります。

概観(google)

この本は4つのパートで構成されています。第1部は1883年、第2部と第3部は1884年、第4部は1885年に私家版として出版されました。

1886年にニーチェは、最初の3部を「また、ザラトゥストラを散りばめて」として発表した。

すべての人のための本であり、誰のための本でもない。

3つのパートに分かれている。

” ニーチェの初期の作品とは対照的に、ザラトゥストラはノンフィクションではない。

讃美歌の散文では、ペルシャの宗教創始者ザラトゥストラの名を冠した架空の思想家の作品を、個人的な語り手が語る。

ニーチェ自身は、『ザラトゥストラはこうして語った』の文体をハルキオン(精神的に完璧な)と呼び、「同じパトスに値する能力を持ち、同じパトスに値する」読者を求めている。

ニーチェがこのような読者層を彼の前では見ていなかったことは、作品の副題である「すべての人のための本、誰もいない人のための本」によって示唆されています。

私家版として出版されました。

私家版?意味がわかりません。

『ザラトゥストラはこうして語った』の文体をハルキオン(精神的に完璧な)と呼び

これはわかりますね。

「すべての人のための本、誰もいない人のための本」によって示唆されています。

まどろっこしい言い方で、結局何かはわかりません・・・

概要(DeepL)

本は4部で構成されています。最初の部分は1883年に、2番目と3番目は1884年に、 4番目は1885年にプライベートプリントとして登場しました。

1886年、ニーチェは最初の3つのパートを次のように公開しました。

誰もが誰もが楽しめる本です。 3つの部分に分かれています。

「ニーチェの初期の作品とは対照的に、ザラトゥストラはノンフィクションの本ではありません。

賛美歌の散文では、個人的な語り手が、 宗教ザラトゥストラのペルシャ創設者の名前を冠した架空の思想家の作品について報告しています。

ニーチェ自身は、 ソスプラッハザラトゥストラがhalkyonic(完璧な魂)と書かれているスタイルを呼び出し、 「同じ感情に対応でき、価値がある」読者に願っています。

彼の知恵の感覚を容赦なく誤解しないように、ハシコンの音色を正しく聞いてください。」

ニーチェが彼の前でこの読者層を見ていないという事実は、 作品のサブタイトル「すべての人と誰ものための本」によって示唆されています。

プライベートプリントとして登場しました。

ソスプラッハザラトゥストラがhalkyonic(完璧な魂)と書かれているスタイルを呼び出し

少し苦しいか・・・

「すべての人と誰ものための本」によって示唆されています

意味はわかりますね。一応


ということで、google翻訳を使っても意味がわからない場合でも、DeepLを使用することによって意味がわかるケースが多いので是非使ってみて欲しいと思います。

Published by

Prev インタビュー part4 デザインのトレンド変遷
Next マリンアクアリウムのIoT
IoT

Leave a comment

Sorry!! can not right click.