CEOインタビュー part1 IT業界に入ったきっかけとは?

CEOインタビュー part1 IT業界に入ったきっかけとは?

—It業界に入ったきっかけとは?

2001年就職氷河期の時代だったんですが、運良くアパレル企業に内定が決まったんですね。でも、就職というのを深く考えていなかったので、いざ研修が始まってからギャップを感じ、他のヒトがつくったモノを売る仕事なんですが、研修を続けているうちに自分が作ったモノを売りたいと感じるようになって、これで良いのだろうか?と自問自答しながら毎日研修場所に行っていたんですが、結局は入社式前日に辞めてしまいました。

3/31で季節外れの雪が降っていたのをよく覚えてます。そうなる理由としては主に情報弱者だったのが理由です。

学生時代アルバイトは数十種類やってきたんですが・・・・・・

—どんなアルバイトをしてたんですか?

ケンタッキー、プール監視員、カフェ、新百合ヶ丘のレストラン、靴屋、建築免許のアンケート調査、居酒屋*4店・・・色々やったんですよね。

一番長く続いたのは居酒屋の厨房で、チェーン店じゃなかったのでマスターに目をかけられそのまま就職もありかな、と思っていました。

—でもそれはしなかった?

そうですね、毎回飲みに誘われて朝帰りとかで、このままだと危険だなと。あとは同じ環境で高校の後輩がいたんですが、所作や盛り付け、無駄のない動き、味付けなど含め天才的で、間近にみてプロになるのはこういう奴なんだなと実感しました。ある種挫折かな。今彼は横浜の有名ホテルの料理長やってますね。

—挫けたんですね?

う、うん。そうですね。料理を作って喜んでもらうことに楽しみを見出していましたが、プロの料理人になるほどのセンスはないと思いました。

—なるほど、そこからIT企業へはどうつながったんでしょうか?

就職先を入社辞退したあと当時imacというお洒落なパソコンが出た時でMacに詳しい友達がいたんです。その彼がパソコンでチラシを作ったり、webを作ったりできるということを教えてくれて、そこから興味を持ったのが切っ掛けですね。元々モノを作ることは好きだったので、これからはパソコンの時代だろうな・・・という漠然とした感覚だけで決めました。

—それが2001年くらいですか?パソコン触ってたんですか?

いえ、大学の授業一コマしか取ってませんでしたので全然。スイッチ押してどう起動して、どう終了させるかくらいしか覚えてなかったです、文系でしたし。なので基本独学です。お金もないのでまたバイトして、秋葉に行ってタワー型のPCを買いました。若かったのでほぼ徹夜でphotoshopやillustrator、そしてflashを勉強し、ポートフォリオを作ってデザイン事務所に郵送していたんです。当時はネットで就職活動するという環境がまだ整備されていなかったのと自宅には回線が引いてなかったりで、会社名だけ見て片っ端からポートフォリオを送っていた気がします。

それで運良く会ってくれるデザイン事務所さんがあって、最初はそこにお世話になりました。タダでいいから働かせてくださいって言いましたね。とにかく実務経験がないとダメだってわかってましたから。

—えー、ただで?それ言う若者は今はいないかもしれないですね、、、、、、

実際無償だったんですか?いえ、手取りはとんでもなく安いですが、タダではなかったです。週休1日でしたけど。笑

—最初はどんな仕事をされたんですか?

はい、webデザインを専門にやりたかったのですが、2002年当時はまだまだ創世記で、webの仕事は多くなかったです。最初のデザイン事務所は板金メーカーのインハウス事務所だったので見たことない製品(板金加工機)のカタログとか、CIとか、展示会のデザインなどの手伝いからでしたね。あと忘れられないのは、与えられたPCのスペックはもう忘れましたけど、画像をphotoshopでぼかしエフェクトかけると30分くらいかかってましたね。笑 全然捗らない。家のパソコンの方が早かったですからね。でも新米なので、あまり文句言えないし。笑

—その他辛いことってなかったですか?

ほぼ全てが辛かったですね。だから一番昔のことだけど、一番覚えてます。社長に怒鳴られながら、徹夜したり、社会の厳しさを実感しました。スキルも何もない自分を雇ってくれて、自分が30才過ぎてからは、感謝するようになって。笑

—苦労話しありがとうございました。笑 年齢重ねて社長の気持ちがわかってきたと言うことなんですね。企業からしたらインターンを受け入れるのは相当な労力だし、当然即戦力じゃないので、敬遠することが多いですが、リアルトは受入に積極的ですよね?以前もカメラ好きな方を短期で入れましたし。過去の経験から想いがあると聞いたことがありますが、そういうことですか?

そうですね、今は規模が小さいですがそれでもIT、デザイン業界ってこんな感じなんだよ、というのを実感してもらう機会って大事だと思っていて。私自身が就職活動を失敗した経験があるので想いは強いですね。自分だけではなく、企業としても入社してもらってすぐ辞められるというのは、すごい痛いことなんですよ。同じ職場で働く人たちの士気にも関わりますし。なので一人でも多く、そういう感じで経験してもらって本当に向いてるのかどうか感じて欲しいんです。

なぜ町田で起業をしたのか?

につづく

Listen & Interviewer

大学卒業後、教育関連企業にてマーケティングを担当。その後結婚し数年のブランクのあとIT系企業に従事。代表の國安とはかつて半年ほど仕事で関わる。現在は海外に拠点をおき、他社含めSNS運用、ライティングなどで時短&リモートで活動中。好きな食べ物はカオソーイ。
市門 未来
Writting

Published by

Next ロゴ・社名に関して

Comments are closed.

Sorry!! can not right click.